予備校ごとの特徴 | 希望の医学部へ進学するためにも予備校へ通おう

予備校ごとの特徴

家庭教師に勉強を教えて貰っている女性

予備校には大小、様々なタイプがありますが、できるだけ自分の目的に合った、よりふさわしい予備校を探すのは容易なことではありません。 大手予備校の中にも、いろいろなタイプがあり、国公立大学に強いところ、私大中心のところもあります。東大合格者の多いところが必ずしもその他の国公立大、または私大に強いとは限りません。まずはそのタイプを見極める必要があります。 費用の点では、平均年間で70万円から90万円ですが、直接教師から教えてもらう場合と、ビデオなどで個人的に学習する場合もあるので、費用が安いからと、すぐに決めることは危険です。小規模予備校では、成績優秀者は学費が免除されるところもあるので、検討する余地があります。

大手予備校の場合は、教師層が厚く名物先生がいたり、独自の模擬試験を実施し、合格可能性を予測してくれるど有利な点が多いのは事実です。しかし、生徒を個人的に指導し、常に相談に乗ってくれるようなシステムになっているか、自主学習室がいつでも使えるようになっているかなども重要なことです。大手予備校の中でも場所によって教師の数や自習室の数は一律ではありません。 中小の予備校は通いやすいし、授業料が安いところもありますが、自分の求めている分野、特に国公立大、私立理系または文系に合格実績が十分かはぜひ確かめておきたいとこです。申し出をすれば授業を見学させてくれるところもあります。いずれにしても、慎重に予備校選びをすることが重要です。