費用の確認 | 希望の医学部へ進学するためにも予備校へ通おう

費用の確認

講義をしている男性

大学受験で浪人してしまった人の多くが予備校に通います。予備校の選び方が次の年の入試の結果を左右すると言っても過言ではありません。予備校に通うには入学金や授業料も必要です。入学金はおおむね3万円程度が相場です。授業料は志望大学が国立・私立に関わらずだいたい一年間で65万円から80万円程度必要であり、国立大学の医学部を志望する場合は授業料が100万を超えることも珍しくありません。これに加え、夏期講習の費用、通学費用(公共交通機関の利用など)や模試代、食費なども必要です。遠方の生徒のために寮がある予備校も多くありますが、その場合の生活費も考慮に入れておく必要があります。授業料や入学金は入塾テストなどで好成績を修めた場合は、全額または一部免除になる場合もあります。

予備校を選ぶ際に気を付けるべきポイントは、過年度の合格実績や、自習室などの設備が整っているか、模試を予備校内で受けられるか、難関大、国立理系、私立文系、医学部など、志望に応じたクラス分けがされているか等です。できれば、前年以前にその予備校を利用した先輩の話を聞いてみると、浪人の一年間をイメージできます。予備校には多くの高校から合格を目指す学生が集まって来るので、新しい友達もできて擬似的な大学生活を送れますが、志望校に合格するという目標を忘れずに学習のモチベーションを保つことが必要です。また、予備校での授業は高校の授業のように全部出席しなければいけないわけではありません。自分の必要な科目、内容を考えて、必要のない場合は自主学習に向けることも戦略的に合格を目指すためには必要となります。